【美容室の施術時間の目安】いつもより長い場合の注意点と対処法

「カラー剤を流すまで時間が長い。」

「パーマ液を流すまで時間が長い。」

いつもより施術時間が長い気がするけど、専門的なことなのでわからないという経験はありませんか?

美容室の施術時間はメニュー表などに明確に記載されていません。事前に予約しても所要時間がわからないと、何時に終わるかわからないです。また、自分が想定した以上に、施術時間が長いこともあります。その結果、予定が立てられず、時間を損します。

この記事では、美容室の各メニュー毎の平均的な施術時間と、所要時間が長くなる要因について美容師が解説します。施術時間の目安がわかるので、予定が組みやすくなります。また、いつもより施術時間が長いと感じた場合も対処可能です。

美容室の各メニューの施術時間目安

施術時間 メニュー

美容室の各メニューの施術時間の目安を表にまとめました。カット込みの施術時間と比較しています。

施術時間目安カット込み
カット30~60分
カラー60~90分90~120分
パーマ60~90分90~120分
デジタルパーマ120~150分150~180分
縮毛矯正120~150分150~180分
トリートメント30~60分
ヘアセット30~60分

同じ施術内容でも髪の長さや髪質などにより施術時間が変わります。メニュー毎の施術時間はどのような要素で変わるのか、次項から紹介します。

カットは30分~60分シャンプーの有無で変わる

カット 施術時間

カットはお客様の髪の長さ、切る長さ、毛量によって施術時間が変化します。しかし、それ以上にシャンプーの有無、ドライヤーでの仕上げ作業が施術時間に影響します。ロングヘアーはベリーショートと比べて、シャンプーしてドライヤーで乾かす時間が20分~30分程度、ミディアムヘアーは15分程度長くなります。

カットにはシャンプーや仕上げが含まれているメニューもあります。カットとシャンプーと仕上げで45分~60分、乾いた状態で髪を切るだけのドライカットは30分です。ドライカットのみでスタイルチェンジしないで整える程度ならなら15分程度で終わることもあります。前髪カットなど、部分カットは10分程度です。

美容師のスキルでもカットの施術時間は変わりますが、それでも60分以内には終わります。

低価格帯のサロンのカットは、10分~20分の施術時間です。この場合、シャンプーは別メニューになるので、料金と時間が別途追加されます。

カラーは60分~90分染める部分や色味で変わる

カラー 施術時間

カラーの施術時間は、根元染めか全体染めかにより変わります。カラーの施術時間の目安は60分~90分。カット込みだと90分~120分になります。髪の染まりがよくないと、薬剤を再塗布して効果が出るまで経過観察するため時間が長くなります。

根元を染めるだけのリタッチなら60分。毛先まで全体を染める場合は90分です。この時間にカットがプラスされると、90分~120分の施術時間になります。カラーカットで来店する場合は2時間~2時間半予定を空けておきましょう。

カラーとカットを同時に施術した方が所要時間が短くなります。別日に施術するとシャンプーは2回します。同日なら1回になるからです。時間も短縮され、料金も安くなります。

パーマはカット込みで90分から120分

パーマ 施術時間

パーマの施術時間の目安は60分~90分、カット込みで90分~120分です。パーマはカットを一緒にする場合がほとんどなので、カット込みの施術時間を目安にしましょう。髪に巻くロットの本数や工程で所要時間が変わります。下記のように、強めのパーマは施術時間が長くなります。

  • ロットの本数が増える(ショートヘアーに細いロットを使用する)
  • ロットの大きさに対して巻く髪の長さが増える(ロングヘアーを毛先から根元まで巻く)

ツイストパーマやスパイラルパーマなどは、巻き方も特殊で、ロットの本数も多くなるので3時間以上かかります。

デジタルパーマはカット込みで120分~150分

デジタルパーマ 施術時間

デジタルパーマは通常のパーマと違い、専用のロットや器具を使用します。熱を当てる工程と薬液を流す工程が増えるので、施術時間が長くなります。そのため、パーマに比べて料金が高めです。

縮毛矯正は120分~150分 髪質・長さが影響

縮毛矯正 施術時間

縮毛矯正の施術時間の目安は120分~150分です。カット込みで180分になります。髪の長さや髪質で所要時間がかわります。髪のくせが強い方や、ロングヘアーの方は下記の工程で時間が長くかかります。

  • 薬剤の塗布・浸透時間
  • 髪を乾かす時間
  • ヘアアイロン作業時間

縮毛矯正は美容室の中で施術時間が長いものになります。予約を取らないと施術を受け付けていない美容室もあるので、確認してから来店しましょう。

トリートメントは30分~60分

トリートメント 施術時間

トリートメントの施術時間の目安は30分~60分。髪の長さや、トリートメントの種類により所要時間が変わります。トリートメントは1回塗布する製品や、2回塗布する製品など、さまざまです。トリートメントを塗布後、放置する時間よりも、トリートメントを髪に塗布する回数が施術時間に影響します。また、ヘッドスパを同時にする場合も時間が長くなります。

トリートメントだけで美容室に行くと、シャンプーとブローは別料金になります。ほかの施術と同時にすることで、コスパも良く、施術時間の短縮にもなります。

ヘアセットは30分~60分

ヘアセット 施術時間

ヘアセットの施術時間の目安は30分~60分。簡単なセットはであれば、10分~30分程度です。結婚式や成人式のアップスタイルなど、華やかなヘアアレンジをする場合は60分くらいになります。シャンプーをする場合は乾かす時間もあるので、追加時間が20分~30分必要です。

事前に施術時間・内容を確認する

美容室で「施術時間が長かった」ということがないように、施術時間と内容を事前に確認しましょう。施術が長いと感じるのは美容師の説明不足が原因です。施術時間はカウンセリングや予約の段階でお客様に伝える必要があります。メニューの説明をしても、時間の説明が抜けていることは多いです。何時間で終わる予定なのか確認してから施術を受けましょう。

施術時間と内容をお客様と美容師で共有することで、順調に施術が進行しているかわかります。追加の作業が発生や、適切な放置時間かどうかも、お客様も判断できます。

施術時間がいつもより長いと髪にデメリットも

施術時間 早い 注意

美容室で施術時間が大幅に長いということがあります。施術時間が長くなることはお客様にとって大きなデメリットです。単純に時間を無駄にするだけではなく、髪にも悪影響を与えるケースもあります。

施術時間が長くなることが多いのが、下記のような髪に薬剤を使うメニューです。

  • カラー
  • パーマ
  • 縮毛矯正
  • デジタルパーマ

薬剤を塗布してからは、髪質によって効果が表れる時間が違います。予定より時間かかる原因の1つです。しかし、個人差があるとしても10分程度の範囲内です。薬剤を髪に塗布した状態で必要以上に時間をおいても、意味がありません。薬剤は適切な時間管理で使用しないと、髪が痛み仕上がりに影響します。

カラー剤塗布後30分以上の放置は効果が低い

カラー剤は、薬剤を作ってから30分以上経過すると、ほとんど効果がなくなります。なので、発色が早い寒色系は20分、やや遅い暖色系は25分程度の放置時間が適切です。30分以上放置しても、メリットはありません。いつもより放置時間が長いと感じたら、あと何分でシャンプーするのか美容師に確認しましょう。

カラー剤の再塗布もなく、明確な理由がないまま30分以上経過している場合、美容師や美容室の身勝手な都合が原因です。

  • 手が空いているスタッフがいないのでシャンプーできない。
  • 他のお客様と掛け持ちをしていて、手が回らない。

上記の内容は予約管理、スタッフの人員配置や経験不足が原因で、無駄な待ち時間が発生しています。

    施術時間短縮はサロンとお客様にメリット大

    美容室 施術時間 まとめ

    いかがでしたでしょうか?美容室の施術時間の目安を知ることで、お客様はつぎの予定が立てやすくなります。施術時間が目安より大幅に長くかかる場合は、髪への負担が増えヘアスタイルに影響が出ます。対策として、来店時やカウンセリング時に、施術内容と流れを確認し、担当の美容師から作業時間を聞きましょう。無駄に時間をかけられていないか判断できます。

    しかし、美容室では施術時間の他にも下記のような時間が発生します。

    • 受付
    • カウンセリング
    • 会計
    • 待ち時間

    施術時間が目安のとおりでも、滞在時間が長くなるのです。

    1. 時間に余裕をもって来店する
    2. 予約を取って来店する

    この2点をこころがけると、時間に余裕ができ、美容師の施術もスムーズに進行します。お客様も予定通りに施術が終わり、お互いにメリット大です。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事