美容室 施術時間 長い

今回は美容室での施術時間についてお話していきます。

美容室に行くと何時に終わるかわからない

自分が思っている以上に時間がかかってしまう

なんてことがありませんか?

美容室の後、予定を組みにくくて困ってしまうなんてことは多いです。

美容室の各メニューの施術時間はある程度決まっているので、施術時間の目安を覚えておけば、予定も組みやすくなります。

逆に施術時間が目安より大幅に長い場合はちょっと注意が必要です。

この記事の内容

  1. 施術時間の目安
  2. 施術時間が長い場合の注意点

この2点についてまとめてみたので、美容室に行くときや予約を取るときの参考にしてみてください。

美容室の各メニューの施術時間目安

施術時間 メニュー

美容室の各メニューの施術時間の目安を表にまとめてみました。

カットを一緒にすることが多いメニューはカット込みの施術時間の目安も記載してあります。

施術時間目安+カットの施術時間
カット30~60分
カラー60~90分90~120分
パーマ60~90分90~120分
デジタルパーマ120~150分150~180分
縮毛矯正120~150分150~180分
トリートメント30~60分
ヘアセット30~60分

同じ施術でも

  • 髪の長さ
  • 髪質

によって少し施術時間が変わってきます。

各メニューの施術時間をもう少し詳しく解説していきます。

カットの施術時間の目安

カット 施術時間

カットの施術時間の目安は30分~60分

カットはもともとの髪の毛長さや切る長さ、毛量などによって施術時間が変化します。

 

カットはシャンプーや仕上げの時間も合わせての施術時間になっているので、シャンプーをするかしないかでかなり施術時間に差が出てきます。

 

シャンプーをするとシャンプーにかかる時間と髪の毛を乾かす時間がプラスされるので、カットとシャンプーと仕上げで45分~60分。

 

ドライカットのみでスタイルチェンジしないで整える程度ならなら30分程度で終わることもあります。

 

普通にカットで利用する際は、60分の施術時間を見ておいた方がいいですね。

ちなみに前髪カットなどの部分カットは10~15分程度で終わります。

 

カットの施術時間は美容師さんの腕によっても多少変わってきます。

ベテランの美容師さんの方がカットの早いことが多いですが、早く終わればよいというわけではないので自分の満足のいくスタイルにカットしてもらいましょう。

カラーの施術時間の目安

カラー 施術時間

カラーの施術時間の目安は30分~60分。

カット込みだと90分~120分。

根元を染めるだけのリタッチか、毛先まで全体を染めるかによって施術時間が変わってきます。

 

全体を染める場合はカラーだけで90分。

私の経験上カラーとカットで2時間程度かかることが多いですね。

パーマの施術時間の目安

パーマ 施術時間

パーマの施術時間の目安は60分~90分

カット込みで90分~120分くらいを目安にしましょう。

パーマはカットを一緒にする場合がほとんどなのでカット込みで2時間くらい見ておくのが良いと思います。

ツイストパーマやスパイラルなど特殊な強めのパーマをかける場合は3時間以上かかることもあります。

デジタルパーマの施術時間の目安

デジタルパーマ 施術時間

デジタルパーマは120分~150分。

デジタルパーマは通常のパーマより熱を当てるという工程が増えるので時間がかかってしまいます。

カットを一緒にする場合が多いのでカット込みで150分程度みておくとよいでしょう。

縮毛矯正の施術時間の目安

縮毛矯正 施術時間

縮毛矯正の施術時間の目安は120分~150分

アイロンする前に髪を乾かす作業と、アイロンをかける作業に時間がかかってしまいます。

 

髪の毛の長さや髪質によって施術時間が大きく変わってきます。

 

カット込みで180分程度の時間を見ておいた方が無難です。

トリートメントの施術時間の目安

トリートメント 施術時間

トリートメントの施術時間の目安は30分~60分。

トリートメントも1回で終わるタイプのものもあれば、複数回髪の毛に塗布するものもあります。

 

トリートメントをつけてから放置する時間よりも、トリートメントをつける回数によって施術時間が変わってきます。

 

また、ヘッドスパのような施術を同時にする場合はもう少し時間が長くなります。

ヘアセットの施術時間の目安

ヘアセット 施術時間

ヘアセットの施術時間の目安は30分~60分。

ブローでのセットなら30分程度です。

アップスタイルなどのヘアアレンジをする場合は60分くらいかかります。

施術時間が長い場合は注意が必要

施術時間 早い 注意

美容室での施術時間の大まかな目安はある程度決まっています。

そかし、美容室で施術時間が目安より長いということは結構あります。

施術時間が長くなる理由と注意点について解説していきます。

 

施術時間が目安より長くなることは、髪の毛に薬剤を使うメニューが多いです。

薬剤を使用するメニュー

  • カラー
  • パーマ
  • 縮毛矯正
  • デジタルパーマ

薬剤を使う場合、髪質によって効果が表れる時間が変わってくるので、予定より時間がかかってしまったということがあります。

それでも、個人差があるとしても10分程度の範囲内です。

髪の毛に薬剤が付いた状態で長い時間待たされてしまうと、髪の毛への負担が大きくなってしまいます

もし30分以上に時間がかかっている場合は注意が必要です。

「時間がかかっている=丁寧な作業」というわけではありません。

早く終わりすぎるのもどうかと思いますが、施術時間はある程度決まっています。

 

その他にも施術時間が長くなる原因があります。

  • 髪の毛が長い
  • 毛量が多い
  • 大きくスタイルチェンジをする

このような理由で施術時間に差が出てきてます。

しかし、せいぜい10分~15分くらいのプラス時間で済みます。

 

それ以上施術時間長い場合は

  • 無駄な待ち時間
  • 美容師さんが経験不足

で慣れていなかったりということが考えられます。

とくに施術の間で長時間待たされる場合は注意が必要です。

施術時間が長い場合は、髪の毛への負担が大きくなることを覚えておきましょう。

まとめ

美容室 施術時間 まとめ

いかがでしたでしょうか?

美容室の施術時間の目安を知ることで、そのあとの予定が立てやすくなります。

施術時間が長くかかってしまう場合は、髪の毛への負担が大きくなるので注意が必要です

しかし、美容室では施術時間の他にもカウンセリングの時間などもあります。

多少の時間の前後もあるので施術時間の目安を参考にして、

  1. 時間に余裕をもって来店する
  2. 予約を取って来店する

この2点をおすすめします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事