美容室の定休日が月曜日と火曜日に多い理由

美容室の定休日は月曜日と火曜日が多い傾向でした。

しかし、最近では美容室の月火休みは減っています。月曜日や火曜日も営業している店舗が増えているのです。

この記事では、美容室が月火休みになった背景と月火休みが減ったきた経緯をお伝えします。

美容室の定休日が月曜日の理由

美容室が定休日を作った理由は、電力が大きく関係しています。美容室が月曜定休になったのは1920年代です。

そのころ、日本国内には休電日というものが存在していました。1920年代当時は、現在のように安定した電力供給をすることができませんでした。

今では考えられないのですが、電気が供給されない休電日があったのです。

当時、美容室のパーマは電気パーマと呼ばれ、電気を利用していました。パーマをかけるには、多くの電力が必要だったのです。

休電日が月曜日だったため、電気パーマが使えず休みになったことが定休日の始まりだといわれています。

月曜休みの美容室が多くなり、現在まで名残が残っています。

美容室の定休日が火曜日の理由

ではなぜ、火曜日が定休日の美容室もあるのでしょうか?それには、地域が関係しています。

全国的には、月曜定休の美容室が多いですが、火曜定休の美容室は関東の美容室が多いです。

その理由は、関東の休電日が月曜日ではなく火曜日に実施されていたからです。休電日は、地域によって異なる曜日に行われていました。

関東では、美容室の定休日は月曜日ではなく、火曜日という印象を持っています。私も関東出身なので定休日は火曜日のイメージが強いです。

全国的に美容室の定休日は、火曜日より月曜日が一般的になります。

美容室の定休日が月・火が多い理由

休電日が無くなった現在でも定休日は残っている理由は以下のとおりです。

  1. 混乱を避ける
  2. 講習会やセミナーの開催
  3. 美容師同士の交流
  4. 集客

定休日が変更になる混乱を避ける

1920年代から定休日を変更しなかったため、美容室が月曜日か火曜日が定休日であることが広く伝わりました。

多くの人に定着した定休日を変更すると混乱する可能性があります。それは、定休日の変更で客離れが起こるのではというリスクです。

また、無理に変更するメリットもありません。全国的に定休日が決まっていた方がわかりやすいです。

美容師向けの講習会やセミナーの開催

定休日の月曜日や火曜日には、美容メーカー主催の技術講習やセミナーが開催されることがあります。

美容師が講習やセミナーに参加できるように、定休日を月曜日や火曜日のままにしているのです。

定休日に美容師同士の交流を深める

定休日にヘアショーや撮影会などに参加する美容室もあります。美容師同士で交流を深めるために、コンテストに参加する美容師が多いのも現状です。

集客

集客面を考慮すると、消費が上がる土日の後である月曜日と火曜日は、お客様が消費を抑える傾向にあります

経営的にも定休日を月曜日や火曜日から変更する必要はありませんでした。

まとめ

美容室の定休日が月曜日と火曜日になった理由は1920年代の電力事情が大きく関係していました。

電力を供給しない休電日が、月曜日または火曜日に設けられていたことで、当時の流行だった電気パーマを施術することができず、美容室を休みにせざるを得なかったことが理由です。

しかし、最近では定休日を設ける美容室が減り、年中無休の美容室が増えています。

年中無休の美容室は利用者からすれば便利です。

定休日に限らず、お客様のニーズにこたえるために美容室はこれからも変化を続けていくのでしょう。

おすすめの記事