美容室の月・火休みはもうオワコン?現在の定休日事情はこちら

美容室の定休日と言えば月曜日か火曜日と思っている方が多いのではないでしょうか?

最近は美容室は月・火休みが減ってきていてます。

逆に、月曜日や火曜日でも関係なく営業している店舗が増えてきています。

今回は月・火休みになった背景から現在の美容室の定休日事情までを調べてみました。

美容室の定休日ができた理由は電力事情

美容室が定休日を作った理由は、電力が大きく関係しています。

美容室が月曜定休になったのは1920年代頃と言われています。

そのころに何があったのかというと、日本国内には休電日というものが存在していました。

1920年代当時は、現在のように安定した電力供給をすることができませんでした。

今では考えられないのですが、電気が供給されない日がありました。

それが【休電日】と呼ばれるものです!

当時の美容室のパーマは電気パーマと呼ばれ、電気を利用してパーマをかけていました。

パーマをかけるためには、たくさんの電力が必要だったということですね。

電気パーマが使えなかった休電日の月曜日が定休日になったのが始まりだといわれています。

その影響で、月曜休みの美容室が増えていって現在まで続いているということです。

火曜定休の美容室はなぜできたのか?

ではなぜ、火曜日が定休日の美容室もあるのでしょうか?

実はそれには、地域が大きく関係しているということがわかりました。

全国的に見ると月曜定休の美容室が多いのですが、火曜定休の美容室は関東の店舗がほとんどです。

その理由は関東の休電日が月曜日ではなく火曜日に実施されていたからなんです

先ほどお話しした休電日は、地域によって違う曜日に行われていました。

関東に住んでる人は、美容室の定休日は月曜日ではなく、火曜日という印象を持っています。

私自身も関東出身なので定休日は火曜日のイメージが強いです。

逆に関東以外に住んでいる人は美容室が火曜日定休のイメージはあまりないようです。

全国で調べると火曜休みより月曜休みの方が一般的になっています。

美容室が月・火休みを変えなかった理由

ではなぜ、休電日が無くなった現在でも定休日が残っているのでしょうか?

それにはこんな理由があるといわれています。

  1. 混乱を避けるため
  2. 美容師向けの講習会やセミナーを開催するため
  3. 美容師同士の交流を深めるため
  4. 集客面

定休日がかわる混乱を避けるため

1920年代頃から長い期間定休日を変えなかったので、多くの方に美容室が月曜日ないし火曜日が定休日のことが広く伝わっっていきました。

多くの人に定着した休みを変えてしまうと混乱をしてしまう可能性もあるので、無理に変える必要がないということが理由の一つのようです。

全国的に定休日が決まっていた方がわかりやすいですからね。

休みが変わることで客離れが起きてしまうのではないかと考えていたという美容師さんもいるようです。

定休日に美容師向けの講習会やセミナーを開催するため

定休日の月曜日や火曜日には美容師のための技術講習やセミナーが開催されていることが多いです。

美容師が講習やセミナーに参加できるように、定休日を月曜や火曜から変えていないという背景もあったようです。

定休日に美容師同士の交流を深めるため

定休日にヘアショーやヘアスタイル撮影会などを開いて美容師同士で交流を深めたり、コンテストに参加する人も多いのが現状です。

月曜や火曜の定休日を利用すことになるので、定休日は変えずにそのままにしている美容室が多いです。

集客面

集客の面からみても消費が上がる土曜日や日曜日の後になる月曜日や火曜日は、お客様が消費を抑える傾向にあります。

経営的視点でみても定休日を月曜日や火曜日から変える必要はなかったようです。

美容室の現在の定休日事情

それでは現在の美容室の定休日事情を【美容室の予約アプリ】ホットペッパービューティーを使って月曜日と火曜日に予約できる美容室の数を調べてみました。

まずはこちらの画像を見てください。

これは翌々週月曜日と火曜日の横浜エリア美容室の予約可能な美容室の検索結果です。

月曜日が12件予約可能なお店があって火曜日が92件予約可能なお店があることがわかりました。

火曜日の方が20件少ないので月曜日より火曜日の方がお休みのお店が多いことがわかります。

次にこちらの画像を見てください。

その他の曜日を見てみると予約できるお店は110件~119件の間位になります。

こうしてすべての曜日を比較してみると、火曜日が定休日のお店が意外と少ないことがわかりました

横浜エリアを調べただけなので、ざっくりとした情報ですが119件中20件程度のお店が火曜日休みで残りのほとんどの店舗が年中無休で営業していることがわかりました。

月・火休みはオワコンとまではいかないですけど少なくなっていることはわかりました。

現在は約80%以上の店舗が年中無休で営業しているのですね。

まとめ

 

美容室が月曜と火曜定休になったことには1920年代頃の電力事情が大きく関係していました。

電力を供給しない休電日が月曜日または火曜日に設けられていたことで、当時の流行だった電気パーマを施術することができず、美容室をお休みにせざるを得なかったことが大きな理由です。

しかし、最近では定休日を設ける美容室が減ってきて、年中無休の美容室が増えてきています。

年中無休だと、お客様からしたら希望の日にちに行きやすいので便利ですよね。

行きたい日がお休みでしたなんてことももちろんありません。

お客様のニーズにこたえるために美容室の定休日事情も変化してきているようですね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事