髪の毛 ワックス つけたまま

「髪の毛にワックスをつけたまま、洗い流さずにそのまま朝まで寝てしまった。」

仕事で疲れていたり、お酒を飲んで酔っていたりすると、ついうっかりやってしまうこの行為。

実は意外と危険です。

では、一体何が危険なのか?

髪にワックスをつけたまま寝てしまうと起こるデメリットについてお話ししていきます。

ワックスをつけたまま寝ると起こる4つのデメリット

髪の毛 ワックス 寝る デメリット

髪にワックスをつけたまま寝るのが良くない理由

  1. 肌荒れの原因になる
  2. 毛穴詰まりの原因になる
  3. 髪の毛が傷む
  4. 悪臭の原因になる

などなど、4つのデメリットを引き起こす危険性があります。

頭皮だけでは済まない!肌荒れの原因

ワックス 肌荒れ 

ワックスが髪に残った状態で朝まで寝てしまうと、1日の頭皮の汚れとワックスが髪に残った状態になってしまいます。

その結果、髪に油分を好む雑菌が繁殖しやすくなってしまいます

髪に着いたワックスが汗などで頭皮に流れると、頭皮にも雑菌が繁殖して頭皮の肌荒れの原因になってしまう可能性もあります。

また雑菌が繁殖した髪の毛が首や顔に着くと頭皮だけでなく顔や首なども肌荒れしてしまうので注意が必要です。

寝汗と混ざり毛穴詰まりの原因に

実は、寝ているときはたくさんの汗をかきます。

この時に、寝汗とワックスが混じって頭皮に流れてしまうこともあります。

流れ出たワックスの油分が固まって毛穴をふさいでしまう危険性があります

毛穴が詰まると頭皮は呼吸ができないような状態になります。

人が呼吸をしないと生きていけないのと同じで頭皮も健康な状態を保てなくなってしまいます。

髪の毛の成長を邪魔してしまい、間接的に抜け毛の原因になってしまいます

抜け毛が増えると当然薄毛の原因になってしまうということです。

毛穴を詰まったまま放っておくと毛穴に入りこんだ脂が酸化してフケやかゆみの原因にもなってしまうので、何1ついいことはありません。

摩擦が髪の毛が傷める

 

髪の毛にワックスがついていると、当然指通りが悪くなるので寝返りをうったりすると髪の毛がこすれた時に摩擦で髪の毛が傷んでしまいます。

切れ毛や枝毛になるリスクもかなり高くなってしまいます

またワックスが付いたまま横になって髪が潰れた時にも摩擦や髪の毛が引っ張られて刺激を与えてしまいます。

髪の毛が引っ張られると頭皮が炎症して痛くなることもあります

寝具が汚れて悪臭の原因に

髪を洗わずにワックスをつけた状態で朝まで寝てしまうと自分の髪や頭皮だけでなく使っていた枕や布団などの寝具も汚れて不衛生な状態になってしまいます。

寝具に付着した髪の毛のほこりや皮脂などの汚れをえさにしてダニや細菌が繁殖してしまいます

その結果、嫌な臭いを発して悪臭の原因になってしまいます

髪にワックスを使ったら必ず洗い流す

ワックスで髪をスタイリングしたら寝る前までに必ず洗い流しましょう

その日は良かったとしてものちのち頭皮トラブルや肌荒れ、悪臭などを引き起こしてしまいます。

『今日は疲れてしまったから明日にしよう。』

という考え方は髪の毛や頭皮のためにも改めるようにしましょう。

また、朝シャンプーするからという理由で寝る前にワックスをを洗い流さないのもNGです。

夜寝る前に入浴してワックスと汚れを洗い流しましょう。

次の日の朝シャンプーする場合でもワックスは必ず洗い流さないと危険です。

でも、どんなに気を付けていてもワックスをつけたまま寝てしまって朝を迎えてしまうこともあると思います。

そういった場合はすぐに汚れてしまった髪の毛や頭皮をシャンプーで清潔な状態にする必要があります。

髪の毛にワックスをつけてから時間が経過すればするほどカピカピになって落とすのが大変になってしまいます。

1回のシャンプーでは落とせないのでシャンプーで2回洗ってあげましょう

ツーシャン(ツーシャンプー)ってやつですね!

  1. 髪の毛に着いたワックスお湯でしっかりとすすぐ
  2. 泡立てて軽くシャンプーする
  3. もう一度シャンプーをつけてシャンプーする
  4. しっかりとすすぐ

このような手順でシャンプーをすれば髪の毛についてしまったワックスと汚れをキレイに落とすことができます。

髪だけでなく汚れてしまった寝具も洗う

枕や布団などの寝具も細菌や頭皮の油分で汚れてしまっているので、洗濯して清潔にしてあげましょ

髪の毛を洗ったとしても同じ枕で寝てしまったら枕の汚れが髪に移ってしまいまい悪臭の原因となってしまいます。

間違ってもそのまま使うなんてことはしないでください。

寝具も髪の毛同様に清潔にしておきましょう。

まとめ

髪の毛 ワックス 寝る

ワックスを髪につけたまま次の日の朝まで寝てしまうと、なに1ついいことはありません。

髪の毛や頭皮に悪影響を与えてしまいます。

  • 肌荒れ
  • 毛穴詰まり
  • 髪の毛が傷む
  • 悪臭

上記の4つのデメリットを引き起こしてしまうので危険です。

特に毛穴の詰まりは抜け毛の原因になってしまいます

抜け毛が悪化すると薄毛にもなってしまいどんどん悪い方向に向かって行ってしまいます

寝る前は体も髪の毛も清潔にしておいたほうがいいです。

髪の毛が汚れたまま寝てしまうという悪い習慣が身につかないように心がけましょう。

ワックスをつけたらその日のうちに必ず洗い流して頭皮や髪の毛を清潔に保つことが大事です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事