【朗報】リンゴの発毛効果が発見される!薄毛は今すぐリンゴを食べろ

薄毛で悩んでいる人を救えるかもしれない、リンゴの発毛効果が発表されました。

リンゴを食べると髪が生えてくるという興味深い内容です。

食品と健康の国際的な科学イベントでフェデリシア大学の薬局長エトーレ・ノヴェリーノによって発表されました。

その内容がこちらになります。

異なるリンゴ栽培のポリフェノール含有量の評価-Novellinoの説明-Annurca品種は、カンパニア地方原産で、レッドデリシャス、グラニースミス、ピンクレディ、フジ、ゴールデンデリシャスなどの一般的な栽培品種と比較して、オリゴマープロシアニジン、特にプロシアニジンB2の濃度が高いことが特徴です。
脱毛への影響は、リンゴプロシアニジンが皮膚の微小循環に作用することによるものです-ノヴェリーノは結論づけます-そして、リンゴプロシアニジンによって保護された髪は、環境の酸化剤によるダメージが少ないということです。Novellinoが監督する薬局が実施したさまざまな科学論文で報告されている効果は、皮膚1平方センチメートルあたりの髪の数の増加と各髪の平均体重の増加の両方で文書化されています。

主要な皮膚付属器(髪、爪)で通常発現される高分子量サイトケラチン(K1、K4、K5およびK6 / K10)のすべての主要な形態は、治療中に非常に高いレベルの発現に明らかに達しました。

「したがって、製品は、比較的低い製品濃度および短い治療時間で、毛球内のケラチンの発現の有意な増加を誘発することができると言うことができる」。

これらの結果に励まされたNovellinoが率いる研究者グループは、プラセボに対する臨床試験を設計し、中等度の脱毛症の250人の健康なボランティアで16週間続きました(プラセボ1週間、介入8週間、追跡1週間) -up)。

すべての被験者は、400 mgのアヌルカプロシアニジン抽出物、0.20 mgのビオチン、80 mcgのセレニオメチオニン、および21 mgの酢酸亜鉛(AppleMetS hairTM)を毎日2錠服用するように求められました。

結果は、アンヌルカ抽出物は、60日後に皮膚の平方cmあたりの毛の数の約2倍の増加を促進し、毛の重量とそのケラチン含量の両方を約3分の1増加させることを示します

「亜鉛、ビオチン、セレンの共存は、抽出物自体の効果をわずかな意味で助けますが、研究者に説明するのは興味深いことです。

したがって、得られた臨床結果は、ほぼ完全にアヌルカのプロシアニジン抽出物に起因していると断言することができます。

結論として、提示された研究は、メランウルカプロシアニジン複合体に基づく製剤の経口摂取が初めてであることを示しています現在使用されている薬物の古典的な副作用をもたらすことなく、現代の皮膚科学の文脈において完全に効果的かつ競争力のある方法で、髪の成長と栄養に有益な効果を保証することができます。

<Google翻訳>

りんごに含まれる【プロシアニジン】髪への効果

りんご 髪 効果

発表ではリンゴに含まれているポリフェノールの1つであるプロシアニジンが脱毛と発毛に効果的であるといっています。

プロシアニジンが髪を保護することで酸化によるダメージを減らした結果、脱毛を防いでいるということです。

さらに、400㎎のプロシアニジンを毎日2錠ずつ摂取する臨床実験をして、発毛の効果を検証しています。

  • 1平方㎝あたりの髪の毛の数が2倍の増加
  • 髪の毛の重量とケラチン含有量が30%増加

臨床実験の結果、プロシアニジンは髪の量が増えただけでなく髪質も向上したことがわかっています。

重量とケラチンが増えることで髪のハリ・コシアップにつなが流ということです。

リンゴからプロシアニジンを効果的に摂取するには?

りんご プロシアニジン

りんごからプロシアニジンを摂取するなら、効率よく摂取しましょう。

発毛効果が実証できた臨床実験では毎日決められた量のプロシアニジンを摂取していました。

りんごも食べ過ぎては糖分の取りすぎになってしまいます。

1日半分~1個のリンゴを食べれば充分です

毎日りんごからプロピアシジン摂取したいと考えている人におすすめの方法を紹介していきます。

リンゴを皮ごと食べる

りんご 皮

実はプロピアシジンはリンゴの皮に多く含まれています

リンゴの皮も食べた方が効率的にプロピアシジンを摂取することができます。

普段、りんごは皮をきれいにむいてから食べることがほとんどです。

リンゴを皮ごと食べるのはちょっと抵抗がありますよね...。

ですので、ミキサーで皮ごとジュースにすれば簡単に皮まで摂取することができます。

皮ごとすりおろして食べる方法もあるのですが、毎日の手間を考えるとジュースにするのが一番効率いいです。

青リンゴのポリフェノールは多い

青リンゴ ポリフェノール

完熟の赤いリンゴに比べて早熟の青リンゴの方がポリフェノールの量が多く含まれています

専門家の調査では完熟の赤いリンゴに比べて青りんごには約10倍のポリフェノールが含まれているそうです。

なのでリンゴを皮ごと食べるのがめんどくさいという方には青リンゴがおすすめです。

さらに、青リンゴを皮ごと食べれば多くのポリフェノールを摂取することができます。

青リンゴの皮は酸味がかなり強いのでジュースにするだけでは飲みずらいかもしれません。

ハチミツや他のフルーツなどとミックスしてあげると飲みやすくなるかと思います。

りんごポリフェノールサプリ

毎日リンゴをむいたりジュースにしたりするのは面倒ですよね!

そんな人におすすめなのがサプリで摂取する方法です。

りんごポリフェノール配合のサプリなら1日の摂取量も管理すことも可能です。

リプサのりんごポリフェノール粒は手軽にプロシアニジンを摂取することができます。

 

りんごを食べれば髪が生えるのか?

りんごを食べれば髪が生えるという臨床実験の結果はでました。

しかし、リンゴを食べれば確実に髪が生えるという効果は完全には立証されていません。

とはいえ、りんごポリフェノールのプロシアニジンは発毛効果に期待できます

りんごを抜け毛や薄毛対策の補助として食生活に取り入れることはよいことだと思います。

抜け毛や薄毛はAGA(男性型脱毛症)という病気が原因の可能性もあるので、食品だけでは改善されない場合もあります。

特に男性は抜け毛や薄毛で悩む人の90%はAGA(男性型脱毛症)を発症しているといわれています。

AGA(男性型脱毛症)の治療に効果的な成分は医薬成分のみです。

真剣に考えている、悩んでいるという方は専門家の意見をきいてみることも必要ですよ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事