【シャンプーの捨て方】正しい分別方法から再利用法まで詳しく解説

肌や髪に合わなくて使わなくなったシャンプーが余っているけど捨て方がわからなくて困っているという方はいるかと思います。

余ったシャンプーだけではなく、試供品などでもらったけど使わなかった未開封・未使用のシャンプーなども処分したいという場合もありますよね。

でもシャンプーは洗剤だし、液体なので普通ゴミと一緒に捨てていいのか悩んでしまうところです。

今回は不要になったシャンプーをどのように処分するのが正解なのか『シャンプーの捨て方』について、わかりやすくまとめてみました。

シャンプーを捨てるときの分別方法

シャンプー 分別方法

シャンプが余ったからといってそのまま大量に排水溝に流して捨てるのは好ましくありません。

  • 排水溝が詰まる
  • 環境に良くない

このようにトラブルや環境破壊の原因になってしまう可能性があるからです。

くれぐれも排水に流すのはおやめ下さいね。
とんでもない事になった例が有ります。
マンションで、階下のトイレや風呂が泡、泡になってました。
上の階でシャンプーを捨てたのが原因の事故です。

また、自分の家の排水溝だけでなく、他人の家にまで迷惑が掛かっていしまった事例もあるので、排水溝に流して捨てるのはおすすめできません。

では『シャンプーの正しい捨て方』はどうすればいいのかというと、自治体のルールに沿って分別して処分することです。

シャンプーの中身の捨て方は燃えるゴミ

シャンプー 燃えるゴミ

シャンプーのごみの分別方法は自治体によって変わってくるのですが、ほとんどの場合が燃えるごみとして捨てることができます。

捨てるときには、容器と中身の洗剤を分別して捨てることが必要になってきます。

また、シャンプーは液体なので燃えるごみとして捨てるのにはちょっとひと手間加えてから捨てるのが望ましいです。

シャンプーの中身の捨て方手順
  1. 処分するシャンプーの量に応じて不要な新聞紙や布を用意する。
  2. ビニール袋に新聞紙や布を入れてシャンプーを吸わせる。
  3. そのまましばって、燃えるごみとして分別し集積場へ。

個人的には布に吸わせるより、新聞紙に吸わせた方が経済的だしシャンプーも染みこみやすい気がします。

大きめのビニール袋などに、新聞紙などを詰めてからシャンプーを流すとやりやすいかと思います。

シャンプーが多くて全部染みこまない場合は様子を見ながら新聞紙を追加するか、もう1枚別の袋を追加してみましょう。

NGシャンプーを分別したけど液体のまま捨てるということは絶対にやめましょう。

液体のシャンプーが流れ出てしまい、マンション内や地域でトラブルや問題になってしまう可能性があるので十分注意しましょう。

シャンプー容器の捨て方

シャンプーボトル 捨て方

シャンプーの容器はプラスチック製ものがほとんどです。

シャンプーの容器はプラスチックごみとして自治体のルールに沿って分別しましょう。

プラスチックごみとして捨てる場合は、中身をすすいでから捨てるという自治体が多いです。

分別が細かい自治体だと、ボトルとポンプノズル部分を分けるというところもあるようです。

詳しくは、自分の住んでいる自治体のホームページなどで回収方法を確認してみてくださいね。

シャンプーの再利用方法は?

シャンプー 再利用

シャンプーは洗濯洗剤と似た成分であるために、掃除するときの洗剤として再利用できます。

シャンプーが余ってしまって捨てるのがもったいないという方は再利用方法を参考にしてみてください。

お風呂やトイレ掃除に再利用

シャンプー再利用 掃除

シャンプーはお風呂やトイレを掃除するときの洗剤として再利用するのがおすすめです。

お風呂場に置いておいてそのまま再利用できるのでお風呂掃除の時は便利です。

使う時は少し薄めてスポンジに含ませてからの方が使いやすいと思います。

つけすぎるとべたついてしまうので、少量を薄めて使ってしっかりと流してあげましょう。

鏡に使うことで曇り止めの効果もあるので一石二鳥です。

シャンプーの香りも広がっていつもとは違ったバスタイムが過ごせるかもしれませんよ。

また、トイレ掃除で再利用するときも少量で大丈夫です。

使いすぎると泡立ちが多くなってしまいます。

洗濯洗剤として再利用は微妙かも

シャンプー 洗濯洗剤 

 

『シャンプーの再利用法で洗濯洗剤と成分が似ているから再利用がおすすめ』

というような記事をよく見かけるのですが、

ちょっとそれは微妙なのではないかと考えています。

その理由は….

  • 色落ちが心配
  • 汚れが落ちるのかわからない
  • シャンプーのニオイと柔軟剤のニオイが混ざってしまう

ということが考えられるからです。

とくに大事な洋服などを洗うのに使うのは避けた方がいいかもしれませんね。

不要なシャンプーをフリマアプリで出品する

シャンプー フリマアプリ

不要なシャンプーがある場合はメルカリなどの、フリマアプリで出品することで別の人に購入してもらえます。

シャンプーの状態が良くないと出品しても、購入してもらえる可能性は低いです。

人気のシャンプーや、高価なシャンプーなどであれば出品してみる価値はあると思います。

  1. 出品する際にはシャンプーの保管方法が悪くて劣化していないか
  2. 製造から時間が経過し過ぎていないか
  3. サロン専売品ではないか

この3つには十分注意しましょう。

『いつのシャンプーだかわからない』

『シャンプーの中身がの状態がわからない』

のであれば出品はやめましょう。

また、サロンの専売品を出品すると最悪【逮捕】されてしまうこともあるので気をつけましょうね。

不要なシャンプーがは寄付することもできる

シャンプー 寄付

この記事では家庭用で使っていた『シャンプーの捨て方』を紹介しているので、家庭でシャンプーが大量に余ってしまうということはまずないかと思います。

しかし、美容室や販売店などを運営しているとシャンプーが大量に余ってしまうということが考えられます。

そういったケースではシャンプーは家庭ゴミではなく、産業廃棄が必要になってきます。

ただ、寄付をして使ってもらえるところが見つかれば、処分をする必要もありません。

お住いの自治体の【社会福祉協議会】に連絡をすると寄付をできる場合があるようです。

社会福祉協議会に寄付をすると福祉施設などで、シャンプーを使っていただけるそうです。

また、NPO法人もったいないジャパンでもシャンプーの寄付を受け付けています。

もし、不要なシャンプーでお困りの場合はこちらに寄付をして再利用してもらうという選択も考えてみてください。

まとめ

シャンプー捨て方 まとめ

シャンプーは自治体のルールに沿って、分別するということが正しい捨て方です。

シャンプーの中身の洗剤は燃えるごみとして分別している自治体が多いです。

まずは容器と洗剤を分別しましょう。

その次にシャンプーを新聞紙などに染みこませて、捨てると問題なく処分できます。

余ったしまったシャンプーは捨てるという選択以外にも、再利用や寄付、転売などの選択肢があります

まだ利用できるのであれば、もったいないので捨てる前に1度、考えてみてくださいね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事