【シャンプーの捨て方】正しい分別方法から再利用法まで詳しく解説

髪や頭皮に合わない、試供品でもらったけど使わない、などシャンプーが不要になる原因はさまざまです。

不要になったシャンプーを排水溝に捨てるのは危険です。シャンプーを捨てる時は分別してゴミとして処分しましょう。

またシャンプーは別の用途で再利用も可能です。

シャンプーを捨てるのに抵抗がある人は、再利用を検討してみてください。

シャンプーのゴミ分別方法

シャンプー 分別方法

余ったシャンプーを排水溝に流して捨てることは下記のようなデメリットがります。自治体のルールに沿って分別して処分しましょう。

  • 排水溝が詰まる
  • 環境に悪い

集合住宅の場合、排水溝が詰まり下階の住居に迷惑が掛かった事例もあります。

くれぐれも排水に流すのはおやめ下さいね。
とんでもない事になった例が有ります。
マンションで、階下のトイレや風呂が泡、泡になってました。
上の階でシャンプーを捨てたのが原因の事故です。

シャンプー剤の捨て方

ごみの分別方法は自治体によって違います。しかし多くの自治体でシャンプー剤は燃えるごみの回収です。

シャンプーは液体なので燃えるごみとして捨てるためにひと手間加えて処分してください。シャンプー剤の捨て方の手順は下記のとおりです

  1. 処分するシャンプーの量に応じて不要な新聞紙や布を準備する。
  2. ビニール袋に新聞紙や布を入れてシャンプーを吸わせる。
  3. 燃えるごみとして分別し集積場へ。

シャンプーが多い場合はもう1枚新聞紙を詰めた袋を追加しましょう。

シャンプー容器の捨て方

シャンプー容器はプラスチック製が多いです。シャンプー容器はプラスチックごみとして自治体のルールに沿って分別しましょう。

プラスチックごみとして捨てる場合は、中身をすすいでから捨てるという自治体が多いです。分別が細かい自治体だと、ボトルとポンプノズル部分を分けることもあります。

自分の住んでいる自治体のホームページで回収方法を確認してみてください。

シャンプーの再利用方法は?

シャンプーは洗濯洗剤と似た成分のため、掃除用の洗剤として再利用できます。

余ったシャンプーが捨てるのはもったいないです。再利用方法を参考にしてみてください。

お風呂やトイレ掃除に再利用

シャンプーはお風呂やトイレを掃除の洗剤として再利用するのがおすすめです。

不要なシャンプーを浴室に置きそのまま再利用します。少し水で薄めてスポンジに含ませると使いやすいです。

シャンプーを使いすぎるとべたつき、洗い流すことが大変になります。少量を薄めて使いましょう。

また、鏡に使うことで曇り止めの効果もあり一石二鳥です。

シャンプーのいい香りも広がりリラックスできます。

洗濯洗剤として再利用は不可

シャンプーの再利用法で洗濯洗剤と成分が似ているから再利用がおすすめ、という記事がありました。

しかし、しゃんぷーの洗濯洗剤としての再利用はおすすめできません。

その理由は主に3つあります。

  1. 色落ちが心配
  2. 汚れが落ちるのかわからない
  3. シャンプーと柔軟剤の香りが混ざる

衣類の傷む可能性があるので、洗濯洗剤としての再利用は避けましょう。

不要なシャンプーをフリマアプリで出品する

シャンプー フリマアプリ

不要なシャンプーはメルカリなどの、フリマアプリに出品し別の人へ売却も可能です。

シャンプーは状態が悪いと、売却の可能性は低くなります。

人気のシャンプーや、高価なシャンプーであれば出品する価値はあります。

シャンプーの売却には以下の3つを注意しましょう。

  1. 出品する際にはシャンプーの保管方法が悪くて劣化していないか
  2. 製造から時間が経過し過ぎていないか
  3. サロン専売品ではないか

不要なシャンプーがは寄付することもできる

シャンプー 寄付

家庭でシャンプーが大量に余るこはほとんどありません。

しかし、美容室や販売店などを運営しているとシャンプーが大量に余ることもあります。

事業者がシャンプーを捨てるときは家庭ゴミではなく、産業廃棄が必要です。

ただし、寄付をすれば処分も不要になります。

しゃんぷーを寄付したい場合は、お住まいの自治体の社会福祉協議会に連絡しましょう。社会福祉協議会に寄付をすると福祉施設などで、シャンプーを使っていただけるそうです。

また、NPO法人もったいないジャパンでもシャンプーの寄付を受け付けています。

まとめ

シャンプーは自治体のルールに沿って、分別することが正しい処分方法です

シャンプー剤は燃えるごみとして分別する自治体が多いです。容器と洗剤を分別してゴミに出しましょう。

シャンプー剤の捨て方はビニール袋に詰めた新聞紙や布に染みこませて捨ててください。

余ったシャンプーは捨てる以外にも、再利用や寄付、転売などの選択肢があります。

まだ利用できるのであれば、捨てる前に1度、考えてみてください。

おすすめの記事