【シャンプーの使用期限】未開封・開封済みはいつまで利用できる?

シャンプーには使用期限や製造年月日が記載されていません。

しかし、シャンプーを安全に使用するためにシャンプーの使用期限を知ることは必要です。

この記事では、未開封・開封済みのシャンプーの使用期限について解説します。

シャンプーに使用期限はあるのか?

 

食品と違いシャンプーには決められた使用期限はありません。しかし、シャンプーは一定期間過ぎると品質が低下します。

シャンプーの使用期限には目安があり、下記の条件により違いがあります。

  • 未開封のシャンプー
  • 開封済みのシャンプー

未開封シャンプー使用期限の目安

 

未開封のシャンプーの使用期限は3年になります。

理由は以下のとおりです。

日本の医薬品医療機器等法(旧題名:薬事法)では、製造後3年以内で変質する化粧品を除き、使用期限を表示する必要はないとされています。

つまり、適切に保管すれば3年間はシャンプーが変質して劣化しないことになります。

これは、使用期限が表示されていないシャンプーに限って言えることです。

使用期限が記載されているシャンプーは期限に従って使用しましょう。

未開封のシャンプーでも浴室のような高温多湿なところに長期間保管すると、使用期限は短くなります。

使用しないシャンプーを浴室で保管するのはやめましょう。

未開封のシャンプーを保管は直射日光が当たらない、涼しい場所を選んでください。

開封済みのシャンプーの使用期限

 

開封済みのシャンプーの使用期限の目安は半年から1年程度とされています。

短髪でシャンプーの使用量が少なくても毎日使用すれば、開封から1年以上経過することはほぼありません。

しかし、メントール配合などのサマーシャンプーなどは、季節が終われば使用しません。来シーズンまで持ち越しになります。

しかし、開封したのであればシーズン中に使いきりましょう。来シーズンまで持ち越すと1年近く保管することになるので、品質が劣化する可能性が高いです。

頭皮や髪に合わなくて途中で使わなくなったシャンプーも同様のことがいえます。

開封から1年以上経過したシャンプーは処分を検討しましょう。

>>>シャンプーの捨て方

シャンプーの正しい保存方法

 

シャンプーは開封・未開封に限らず適切な保存で品質の劣化を防げます。

適切なシャンプーの保存方法は以下の3つです。

  • 直射日光を避ける
  • 高温多湿を避ける
  • 温度変化の大きい環境を避ける

開封したシャンプーは浴室で保管しているケースが多いです。

浴室は高温多湿で温度変化が大きい場所になります。シャンプーを小分けにして別の場所で保管するのがベストです。

しかし、この方法は手間もかかり不便になるので実用的ではありません。

浴室に保管する場合でも次の3つを徹底すれば、保存状態を改善できます。

  1. 24時間換気する
  2. ボトルの水分を拭く
  3. 直射日光を避ける

換気をしっかりとすることで、浴室自体の環境も良くなります。

また、ボトルに付いた水分をふき取れば、雑菌やカビの予防にもなるのでぜひ試してみてください。

試供品の使用期限には注意が必要

 

通常の使用頻度であれば、シャンプーの使用期限が過ぎることはほとんどありません。しかし、めったに使用しない下記のシャンプーであれば話は別です。

  • 試供品
  • トラベル用の小分けになったシャンプーキット

試供品のシャンプーは、いつのもかわからなくなります。トラベル用のシャンプーは使わないまま時間が経過します。

試供品やトラベル用のシャンプーは、なるべく早く使いきるようにしましょう。

また、いつのものかわからないシャンプーは処分してください。古くなったシャンプーを使用するのは危険です。

品質が劣化していた場合、髪や頭皮に悪影響を与えてしまうことも考えられます。

シャンプーの使用期限は記載されていない

 

シャンプーの使用期限は記載されているものはほとんどありません。

その理由は、医薬品医療機器等法(旧題名:薬事法)が関係しています。

「製造から3年以内で変質する化粧品を除いて、使用期限を表示する必要はない。」とされているからです。

そのため、製造年月日を表記していないシャンプーが多いです。

しかし、シャンプーによって製造年月日や使用期限が記載されている商品もあります。

無添加シャンプーなど保存料不使用のシャンプーは使用期限が短くなるため、使用期限や製造年月日が記載されている場合があります。

製造年月日はシャンプーのラベルの隅やボトルの底などに下記のように表示があります。

表示例) EXP3.20

使用期限(EXPIRATION)2020年3月

使用期限の過ぎたシャンプーは危険

 

使用期限が過ぎたシャンプーは危険です。

  • 雑菌が繁殖する
  • ボトルにカビが繁殖する

シャンプーの品質が劣化すると食品で例えると腐っている状態になります。

未開封のシャンプーでも、水と油分が分離しているシャンプーは要注意です。

シャンプー劣化のサインは3つあります。

  1. 分離している
  2. 変色している
  3. においが変わる

シャンプーの劣化が見られたら使用をやめてください。

購入時と明らかに見た目やにおいが変わっていると、シャンプーが劣化している可能性が高いです。

まとめ

シャンプーの使用期限は以下のとおりです。

  • 未開封シャンプー・・・3年
  • 開封済みシャンプー・・・半年~1年

シャンプーは未開封の保管でも、3年で買い替えが必要です。シャンプーをまとめ買いする際には、3年以内に使いきること前提に購入しましょう。

開封済みのシャンプーは、空気に触れることで酸化や雑菌の繁殖等、品質の劣化が早まります。開封後は使い切ってください。

シャンプーの保管方法は次の3つに気をつけてください。品質の劣化を防ぐことができます。

  1. 湿気
  2. 温度変化
  3. 直射日光

今回紹介したシャンプーの使用期限は、

期限が記載されていないものの目安として利用できるかと思います。

シャンプーの使用期限が表示されているのであればそちらに従うようにしましょう。

おすすめの記事