シャンプーが透明と白濁色では何が違うのか解説

シャンプーには透明な液体と白濁色の液体があり、この両者の見た目の違いには理由があります。

この記事ではシャンプーが「なぜ透明なのか?」「なぜ白濁色なのか?」

両者の違いについて解説していきます。

透明なシャンプーと白濁色のシャンプーの違いを知れば、シャンプーを選びの基準に使うこともできます。

日々の生活の豆知識の1つとして活用してみてください。

透明のシャンプーと白濁色のシャンプーの違い

透明シャンプー 違い

透明なシャンプーと白濁色なシャンプーの大きな違いは以下の2つです。

  • 油分の量
  • パール化剤の使用・不使用

 

シャンプーに含まれている油分の量が多いと、光が通過することができずに屈折してしまうので濁って見えてしまいます。

逆に油分が少ないと光が通過するので透明に見えるということです。

 

シャンプーに含まれる油分は、主にシリコン成分になります。

シリコン成分が含まれているシャンプーは透明ではなく、濁った色味のシャンプーになってしまいます。

なので、シリコンが使われていないノンシリコンシャンプーは透明なものがほとんどです。

もともとシャンプーの主成分は水なのでシャンプーは透明なのが一般的です。

  • 油分(シリコン)が少ないシャンプー⇒透明なシャンプー
  • 油分(シリコン)が多いシャンプー白濁色のシャンプー

ということが言えます。

 

また、パール化剤という成分もシャンプーの透明度に関係しています。

シャンプーにパール化剤が入っているとキラキラと高級感のある見た目になります。

シリコンを使用して色味が濁ってしまったシャンプーに使用することで、欠点である見た目を改善することができます。

パール化剤はヘアケア成分としてはシャンプーに必要のない成分です。

髪や頭皮に悪影響があるというわけでもありません。

美容室で使っているシャンプーは透明なものが多い

シャンプー 透明

美容室で使っているシャンプーは透明なことが多いです

その理由はパール化剤のような不必要な成分を含んでいるのはあまり好ましくないからです。

いくら悪影響がないとはいえ必要のない成分を含んでいることは、イメージがよくありません。

『透明なシャンプー』=『良いシャンプー』とは言い切れませんが、ヘアケアに重点を置いた成分を使用しているシャンプーは透明なことがほとんどです。

私が働いていた美容院でも透明なシャンプーを使用していましたよ!

市販のシャンプーは白濁色のものが多い

シャンプー 白濁色

市販のシャンプーには白濁色のものがあります。

売れ筋の安価なシャンプーなどでも白濁色のものをよく目にします。

製造者からすれば、シリコンを使用することで使用感の良いシャンプーを安価に生産できるのは大きなメリットになるからです。

シリコンを使用すると濁って見えるので、当然パール化剤を使用して高級感を演出しています。

ただ、市販の白濁色のシャンプーが悪いというわけではありません。

透明のシャンプーの方がヘアケアに適した成分を使用しているということです

白濁色のシャンプーを使っているからと言って心配する必要はありません。

実際に私も10年以上、市販されている白濁色のシャンプーを使用していました。何も問題なく満足して使っていました!

ちなみに今は市販の透明なシャンプーを使用しています。

最近は市販のシャンプーも透明なものが増えてきています。

まとめ

透明なシャンプーと白濁色のシャンプーの違い

  • 油分の量
  • パール化剤の使用・不使用

この2点がシャンプーの透明度の違いを生み出しています。

シャンプーに使われている油分の多くはシリコンになります。

シリコンを使っているシャンプーは濁っているものが多いです。

パール化剤は濁っているシャンプーをきれい見せて、高級感を演出するために使っているもので髪に悪いわけではありません。

シャンプーが透明の方がヘアケア的にはいい成分が使用されています。

シャンプーを選ぶ際の豆知識として、活用してみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事