美容室 汗

美容室で汗をかいてしまうことって結構あるのではないでしょうか?

夏の暑い時期に限らず、冬場でも店内で汗をかいてしまうこともあります。

汗をかいているとなんか恥ずかしいし、美容師さんに申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

また、迷惑をかけているのではないかと不安に思ってしまったりもします。

今回はこんな時、美容師さんは実際どういう風に思っているのかについてお話していきたいと思います。

汗をかいていると美容師は迷惑なのか?

夏場の暑い時期などはほぼ9割の人が汗をかいて来店するので迷惑だと感じる美容師はほとんどいません。

むしろ汗をかいて来店するのは当然のことだと考えています。

「暑い中お店に来ていただいてありがとう」と感謝の気持ちの方が大きいです。

汗が好きか?汗に触りたいかと聞かれるとそれは違うのですが、

汗をかいている人=暑い・緊張している

このこのように考えているので、あなたが不安に感じる必要はありません。

美容師さんは、「汗をなるべく早くおさめて上げたい」と考えています。

暑さや緊張をやわらげるためにエアコンがあたる涼しい席に案内してくれたり、タオルや冷えたおしぼりなどを用意してくれたりします。

とにかく涼しくなってもらいたいと考えています。

汗だらだらの状態で施術するとさすがにお客様が大変ですからね。

汗をかいているお客様が嫌とか、迷惑だと思っている美容師は基本的にはいませんので安心してください。

逆に、迷惑だ思っているのであれば美容師なんて出来ません。

そのくらい、当たり前のことだと思ってください。

美容室に来店してから汗をかいてしまう場合もある

外の気温が高いと、美容室に来る前から汗をかいてしまうことは当然あります。

しかし、美容室に来る前は汗をかいてなかったのに、美容室に来店してから汗をかいてしまうという方も多くいらっしゃいます。

来店してから汗をかいてしまう理由

  • タオルを首に巻く
  • 美容室でシャンプーして汗をかいてしまう
  • クロスをつけて暑くなって汗をかいてしまう
  • ドライヤーの熱風で汗をかいてしまう

理由を見ると、汗をかいてしまう原因は美容室にあることがわかると思います。

特にカット中に使うクロスは、密閉性が高いので暑くなってしまいます。

それにくわえて、タオルを首に巻いているので「首から下がサウナ状態!」という方も多いはずです(笑)

シャンプーのときも、お湯を使うので当然暑くなってしまいます。

つづけて、ドライヤーの熱風にさらされてるので、地獄に感じる人も多いはずです。

とくに冬場は、店内を暖かくしています。

店内は、冬でも暑くて汗をかいてしまうという人は多いいです。

意外と美容室は汗をかいてしまう場所なのです。

美容室で汗をかかないために自分でできること

いくら美容室が汗をかきやすい場所だとはいっても、なるべく汗はかきたくないですよね。

美容室で汗をかかないようにするには

  • 服装
  • 持ち物

これに気を使ってあげると緩和できると思います。

汗をかきやすい人は体温調整できる服装で

汗をかいたら、暑いと感じてしまっていることがほとんどなので、上着などを着ていく場合は簡単に脱ぐことができるような服を着ていくといいです。

前が開けることができない服を着てしまっていると途中で脱ぐのはかなり難しいです。

前がボタンやジッパーで開閉できる服だと施術が始まっていても脱いだりしやすいのでおすすめですよ!

カット中は上着を脱ぐのは難しいかもしれませんがカラーやパーマの待ち時間などは暑いと感じたらクロスを外してもらい服を脱いだりすることができます。

クロスを外してもらうだけでも涼しくなるので暑いときは美容師さんにお願いしてクロスを外してもらうと暑さが緩和できます。

汗を拭くアイテムを持参しよう

汗をかかないように涼しい格好をしていったとしても、汗を完全に書かないということは無いと思います。

汗をかいてしまったらタオルやハンカチで拭けるように自分そばにおいておくようにしまょう。

あとは扇子や小さいうちわなどを持っていくのもいい方法です。

暑い時に仰いで風で涼しくすることができます。

美容師さんが施術しているときは使えないことが多いですが、間の待ち時間などには重宝しますよ!

汗をかいたときにしてくれる美容師の神対応

汗をかいたときに自分で何とかするのもいいのですが美容師さんが美容師ならではの方法で涼しくしてくれる神対応があります。

それはドライヤーの冷風で扇風機代わりに涼しい風を当ててくれるということです

この対応は美容師ならではの対応で嬉しいですよね!

このドライヤーの冷風機能が意外に涼しいので自宅でも涼むときにためしてみるのもありですよ!

シャンプーをぬるま湯や水で洗ってくれる美容師さんもいます。

これは急にやられたらこちらも驚いてしまうのですが、洗う前に

暑そうなので少しお湯の温度を低くしましょうか?」

などと声かけてくれることが多いです。

これも暑くて汗をかているときには嬉しい対応ですよね!

暑い時に熱いお湯をかけられたら余計熱くなってしまいますから(笑)

やっぱり気を使っていただけるということは嬉しいし、緊張して汗をかいてしまうという人も安心できるのではないでしょうか。

まとめ

夏に限らず冬でも美容室は汗をかきやすい場所です。

  • タオルを首に巻く
  • シャンプーをする
  • クロスをつける
  • ドライヤーを使う

この5つの行動が汗をかく原因になっていることは間違いありません。

あなたが汗っかきだからということが原因ではないので、汗をかいても美容師が迷惑と思うことはありません。

汗をかく原因は美容室にあるからです。

もちろんあなたが汗をかきやすい体質だったりすると余計に汗をかいてしまうこともあります。

体温調整ができる服装や、タオルやハンカチを持参して汗を拭けるようにしておくことも必要です。

自分でも準備や対策をして美容室の暑さを乗り切りましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事