【シャンプーが泡立たない理由】薄毛が原因の場合はあるってほんと?

シャンプーの泡立ちが悪い原因に薄毛があることをご存知でしょうか。

毎日洗っているのに泡立ちか悪いという人は要注意です。薄毛が泡立ちの悪い原因かもしれません。

この記事では、シャンプーが泡立たない理由と薄毛の関係性についてお伝えします。

あなたがどんな理由で泡立ちが悪いのかを知り、悩みを解決しましょう。

シャンプーが泡立たない4つの理由

シャンプーが泡立たない理由として薄毛以外に次の4つの原因が考えられます。

  1. 髪の毛に汚れや整髪料がついている
  2. 頭皮に皮脂や汚れがついている
  3. 泡立ちにくいシャンプーを使っている
  4. 水に原因がある

ダメージや汚れ・整髪料などのワックスもシャンプーが泡立たない理由

髪が汚れるとシャンプーの泡立ちが悪いです。例えば、風邪を引いて2~3日髪を洗えないと、泡立ちが悪くなります。

これは、髪にほこりや皮脂の油分が付着し汚れているからです。では、髪が汚れているとなぜ泡立たないのでしょうか。

それは、シャンプーに使用される界面活性剤という成分が関係します。

界面活性剤は球状に並び、皮脂や汚れを取り囲んで洗い流す性質があります。

髪や頭皮が汚れると界面活性剤が汚れを取り囲み、泡になる界面活性剤が無くなるからです。

また整髪料が髪に付着している場合も同様に泡立ちません。

  • 油分の多いワックス
  • 強いセット力のヘアスプレー

上記の整髪料を使った場合、や大量に使用するとシャンプーがほとんど泡立たなくなります。

髪にダメージがある場合も泡立ちが悪くなります。

下記のダメージで髪表面のキューティクルが開くと、水分やシャンプーが髪に吸収され泡立ちません。

  • ヘアカラー
  • パーマ
  • 紫外線

頭皮の油分で泡立ちが悪い

 

    髪と同じで頭皮が汚れるとシャンプーが泡立ちません。

    髪を1日洗えなかったり汗をかいたりすると、皮脂が頭皮や毛穴にたまり泡立たなくなります。

    また、もともと頭皮が脂っぽい人も泡立ちが悪いです。

    頭皮がべとつきやすい人は、オイリースキン用などの肌質に合ったシャンプーを選びましょう

    シャンプーが原因で泡立たない

    シャンプーには泡立ちが悪い製品もあります。

    いくら、髪や頭皮を清潔に保っていてもシャンプーの性能に原因がある場合は泡立ちません。

    泡立ちがよくないシャンプーは成分が原因です。シャンプーの泡立ちは、主成分である界面活性剤の種類によって左右されます。

    アミノ酸系の界面活性剤を使用しているシャンプーは人気があります。しかし、少し泡立が悪い傾向です。

    アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱く、泡立ちが悪いと感じる人もいます。

    また、使用するシャンプーの量により泡立ちが変わります。毛量や長さに応じてシャンプーの適量を使いましょう。

    シャンプーの適量の目安は次のとおりです。実際に使うときは、髪全体にシャンプーがいきわたるようにしてください。

    • メンズなどのベリーショート・・・1プッシュ
    • ショートヘア・・・1.5プッシュ
    • ロングヘアー・・・2~3プッシュ

    水が原因で泡立ちが悪くなる

     

    シャンプーは水と空気が混ざり合うことで泡立ちが生まれます。そのため、髪が十分に濡れていないと泡立ちが悪くなります。

    しっかりと泡立てるには根元まで十分に濡らしてあげましょう。しっかりと髪の毛を濡らすために時間をかけることが必要です。

    2分を目安にじっくりと濡らしていきましょう。

    そして、シャンプーを髪につける前に、手で水と馴染ませます。そのまま直接つけると、髪全体にシャンプーがいきわたりません。

    途中で泡がなくなる場合は水分不足が原因です。その場合、お湯で髪を軽く濡らし再度泡立てましょう。

    その他にも、水の温度が原因で泡立たないこともあります。

    シャンプーは38度~40度で泡立ちが良くなるように製造されています。温度が低すぎたり高すぎたりすると泡立ちが悪くなるのです。

    適温でシャンプーを泡立てるように心がけましょう。

    また水の性質も泡立ちに関係しています。日本のシャンプーは軟水で泡立つように作られています。

    日本の水道水は軟水が使用されているので、硬水で使用すると泡立ちが悪くなります。

    日本でも一部水道水に硬水が使用されているところがあります。地域よっては泡立ちが悪くなる可能性があります。

    シャンプーが泡立たない理由は薄毛が原因の場合も

    シャンプーが泡立ちは、シャンプーと水と空気がバランスよく混ざることが重要です。

    実はそれと同じくらい大事なことがあります。それは髪の量です。

    髪の量は多すぎても少なすぎても、泡立たない原因になります。

    髪の量が少なくなると、水と空気のバランスも崩れ、泡立ちが悪くなります。

    毎日シャンプーしているのに泡立ちが悪くなったという人は抜け毛が増えている可能性があります。

    シャンプーが泡立たないと悩んでいるYahoo知恵袋の声

    シャンプーで頭を洗ってると、なかなか1回目で泡立たないのですが何故なのでしょうか

    やはり傷んでるからなのでしょうか。

    いつも2回ほどシャンプーをつけて洗っていますが

    これはもしや良くないのでしょうか

    洗い方が間違ってるのでしょうか?

    また、トリートメントのつけすぎは良くないのでしょうか

    引用元:Yahoo知恵袋

    シャンプーが全く泡立ちません。部活がない日や、一日中家にいた日でも泡立ちません。

    洗う前には、まず髪をクシでとかして、お湯で汚れを流してからシャンプーをできるだけ手であわ立てて
    頭皮にのせるのですが、

    そこからが問題で、せっかく泡立てたのに頭皮にのせると泡が少なくなる(水と一体化してるような...)んです。

    なので うまく洗えないので(泡がないため) 全く スッキリしません! シャンプーがいけないのかな と思って他のシャンプーを使ってみたものの結果は同じです...。

    どうしてなんでしょうか>< 何か解決策があれば教えて下さい!

    ちなみに髪を染めたり ストレートパーマかけたりとかは したことありません。 中学生女子です。。。

    引用元:Yahoo知恵袋

    シャンプーが泡立たないんです。

    私の友人が、毎日髪を洗っているのにシャンプーの泡が立たず悩んでいます。

    どんなシャンプーを使っても、シャンプー前にブラッシングしてもよく濡らしても揉んでみても泡が立たないそうです。

    ちなみに、1回目だから泡が立たないのではなく、2回洗っても泡が立たないとのことです。

    ちなみに、いつも整髪料はつけてないということです。

    トリートメントなどで髪をいたわることはかかさずやっているみたいです。

    仕事は、厨房で作る&それを配達する仕事です。

    何が原因か分かる方、いらっしゃいませんか??

    切実に悩んでいるようです。

    引用元:Yahoo知恵袋

    シャンプーが泡立たない方の声をまとめると下記のような悩みが多くありました。

    • 1回のシャンプーでは泡立たない
    • 1日中家にいて汚れていないはずなのに泡立たない
    • 毎日シャンプーしているのに泡立たない

    シャンプーが泡立たないときの3つ対策

    1. 予洗いをする
    2. シャンプーを2回する
    3. シャンプーを変える

    しっかりと予洗いをする

    予洗いとは、お湯で髪と頭皮を洗い流すことです。しっかりと予洗いすることで、髪や頭皮をシャンプーの泡立ちが良い状態に準備できます。

    予洗いは髪や頭皮の汚れを80%も落とすことができます。予洗いをする時は、髪全体をしっかり濡らして1~2分時間をかけて洗い流しましょう。

    2回シャンプーする

    髪にワックスなどの整髪料が残っていると、シャンプーが全く泡立ちません。その場合は、シャンプーで2回洗うことで整髪料を落としてください。

    これは美容院でもやっている方法で効果は高いです。2回洗うときは洗いすぎに注意しましょう。

    2回シャンプーすることで頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

    1回目のシャンプーは軽めにすませ、2回目にいつもどおりにシャンプーをすればOKです。

    本当に汚れや整髪料が落ちきらないときだけ、2回洗うようにしましょう。

    泡立ちがいいシャンプーに変える

    洗い方を変えても、泡立ちが悪いときは、別のシャンプーに変えてみましょう。

    まとめ

    シャンプー 泡

    シャンプーが泡立たない原因をまとめると以下のとおりです。

    髪に原因がある

    • 髪が汚れている
    • 髪に整髪料がついている
    • 髪が傷んでいる

    頭皮に原因がある

    • 頭皮に油分が多い
    • オイリースキン

    シャンプー剤に原因がある

    • 洗浄力が弱い
    • シャンプーの使用料

    水に原因がある

    • 髪が濡れていない
    • 水の温度が高すぎる、低すぎる
    • 水の硬度が高い

    原因が重複することで、シャンプーが泡立ちません。

    シャンプーの泡立ちには水、空気、シャンプー、毛量のバランスが重要です。

    薄毛で毛量が減るとバランスが崩れて泡立ちが悪くなることもあります。

    おすすめの記事